Miyashita Mariko

2014年7月アーカイブ

先週水曜日に無事に個展の会期を終えました。

個展1.jpg
会期が始まるまでは色々な思いが募り、自分のベストを尽くしたい気持ちでいっぱいになり、
いつも心臓がドキドキしていました。

これで大丈夫なのか?といつも自問自答する日々でしたが、1点1点仕上げる都度にお客様の
姿を想像しながら進めていました。

絵を見に来てくださったお客様に少しでも喜んでもらいたい、温かい気持ちになってもらいたいと

祈るような気持ちで描いたのを覚えています。


それでも自分の中には「まだ足りない」、「もっともっとできる」、「もっと伝えたい」という途方もない
欲のようなものばかりが積もっていました。

会場にて作品が一堂にそろった姿を見て、何よりホッとしてそれらの欲から解放された気分でした。


会期中にはたくさんのお客様にご来場いただき大変うれしかったです。
予てよりこの個展を楽しみに来られた方、遠方にも関わらず来てくださった方、知人友人だけでなく、
沢山の方々にお声掛けいただきとても幸せな一週間を過ごしました。


画家は絵を描いている間はとても孤独です。


しかし、展示をするとその孤独を忘れさせてもらえます。
それは1人で絵に向かって描き上げたとしてもそれが完成ではないからです。
作品とは展示をして皆様に見ていただいて初めて完成するものだと思っています。


沢山の方にお会いしてお話しさせていただき、またいい絵を描こうという活力になりました。
皆様から頂いた温かいお言葉の数々を大切に、また次の制作に邁進しようと思いました。


次の個展までまた楽しみにお待ちいただければ幸いです。
多くの方々に支えられて終えられましたこと、感謝いたします。

ご来場いただき誠にありがとうございました。

個展のご案内

7月になりあわただしく過ごしております。

久しぶりの大きな個展の準備に追われ、半分楽しみでもあり不安でもあり、そんな中でやはり締切ギリギリまで制作してしまっています。

展覧会開催までは息が抜けそうにない状況ですが、ひとまずご案内を。。。

図録2014.jpg

風光彩香ーひとひらの追憶と題しまして、今回の展覧会では主にイタリアで取材した風景を展開しております。

会場は・・・画家になった頃、いつかここで個展をすることを夢みていた画廊です。

その素敵な場所で最高の作品をお見せできるよう、最後の最後まで準備をしたいと思います。

***

風光彩香- ひとひらの追憶

宮下真理子 日本画展

会期:7月16日(水)~22(火) 最終日は16時閉場

会場:日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊

ギャラリートーク7月19日(土) 14時より